知床羅臼エゾバフンウニ

2004年6月13日更新

羅臼から、エゾバフンウニが丸のまま送られてきました。これは、自分でむかないとたべられません。(^_^;)


2箱も来た、びっくりした。
「どうしょうか」と悩んだら、嫁さんができるという。
小さいとき、島では自分でウニを取ってきて、自分で割って食べていたらしい。今回は、嫁さんにまかすことにした。


↑ エゾバフンウニの裏側

← エゾバフンウニの表側

裏側のこのあたりをカット。固いので手を切らないように注意!

割ったらこんな状態。オレンジ色のが生殖巣(可食部)

いっぱいある。カキの殻はずしより簡単かな?

ヘラ状の器具で、やさしく生殖巣を取る。
手荒くすると生殖巣がつぶれるので、注意する。

塩水で洗う。

水を切る。

たくさんある。夕食は「うに丼」にしよう。贅沢だな。

お茶碗いっぱいウニがのってる「羅臼ウニ丼」、美味い!

プロフィール  メール


fishmlホームページ  湖南アルプスの麓から
お魚情報館  うなぎ情報館

Copyright(C) Jun.13,2004 by Toshio Yabe. All rights reserved